ゆるゆる食堂

色々なモノゴトをゆるゆる模索しています。

ひかりよここにあれ

6月から通い始めたイムノセラピーの先生のおかげで、

だんだん、だんだん、本来の自分がようやく

堅く重い檻の中に入れられてガチガチに固められた鎖の中から、

蛹が孵るように姿を現しはじめているのを自分でも感じられるようになった。

 

この7・8月の苦しさと言ったら相当のもので、ひとえに認知症外来の付添いや

親族の集まり、つまり親に関わるイベントが多かったことが

相当なストレスになってはいたのだけれども、

お盆過ぎに関西へ数日出かけて帰ってきた翌日に再び外来付添いがあって、

その時に久々に親が近い距離に来たのと、

その後また堂々巡りの議論に付き合わされたことで

対親のアレルギー許容量を一気に超過してしまい、

もはやトラウマフラッシュバックというより

アナフィラキシーショックとしか言いようのない症状に見舞われてしまった。

 

そこで、ああ、本当に身体中がギャーーーーって悲鳴あげてる…と、

その声が初めて明確に聴こえた気がした。

自分のことなのに他人事のようで、でも猛烈に自覚を痛感するみたいな感覚。

これまでどうやってこんなアレルギーを我慢できていたんだ、わたしは。

当然毒親の刷り込みと支配によって無感覚にされていたからなのだけど、

改めてその毒性の強さと恐ろしさに呆然としてしまったほどだった。

これは、潜在意識も体も健在意識もすべてが危機を感じとっているのだ。

先生も、「その感覚を、絶対に忘れないで」と言った。

これを我慢せねば、となってしまったらまた同じことの繰り返し。

強烈に猛烈に嫌だ、離れたい、その激烈な感情こそが現状を打破する突破口だと。

そして、こうして本気で無理だ!と思えたことこそが、

これまでの治療が実ってきているという証拠なのだと。

 

先生曰く、わたしは本来とても強い体と強い心の芯を持っているだそうだ。

病気がちだったのも、今の持病も、すべては親の刷り込みによるもの。

「お前はダメだ」「できるわけがない」

そういう毒親の毒によってここまで弱らせられてしまっていただけで

本当のわたしはむしろ人よりもすごい生命力があるのだそうだ。

 

確かに、例えば手相でも生命線は病気の相こそ過去にあるものの、

線自体は強く刻まれなんといってもめちゃくちゃ長い。

前に手相を観てもらった時も、長生きは保証すると言われたほどで

健康診断の際も、内科医から

コレステロール値が理想すぎるほど理想、

 これは多分家系的な体質もあるけど絶対長生きできるね」

と言われたことがあった。

あと、首が太い(人相学で生命力の強い人は首が太いらしい)。

さらに事故の治療で通っているリハビリの先生も、

「元々すごく体丈夫でいいもの持ってるよこれ。びっくりした」

と、言っていた。

 

そんなことがあったので先生の「本当はすごく強い心身」という言葉が

とても腑に落ちて、そして自信を持てるようになってきた。

 

健康でない。そのコンプレックス。

卑屈になる。できないことを数えて生きる。

植えつけられた「お前は病気」「お前はダメだ」その刷り込みが

せっかくの輝ける若い時代をドブに捨てさせた。

すべては親の依存のため。

 

今でも継続的に言葉のDVは放たれ続けているのだけど、

この何十年にも及ぶ頑強な檻と鎖からやっと、解き放たれる時が来ようとしている。

そういう、実感がある。

 

 

一歩二歩進めたきっかけはおそらく、というより確実に

ドイツへ行きたいという気持ちを思い出したことだ。

独学でドイツ語を勉強し始めてわかったのは、

きっと、いや絶対にわたしは過去にドイツ語を話していた気がする…ということだ。

錯覚だろうとそんな気がしたし、とある全然習ってもいない単語だらけの文章を見て

あれ、これ知ってる気がする、絶対知ってる。

と思ってその意味すら分かったのだけど翻訳してみたらその通りで、

そして口に出して言ってみればなんとしっくりくるんだ、と感嘆すらした。

それだけでなく、ドイツに触れ出してから

ハイヤーセルフなのか平行世界の自分らしき人とその環境が

スライドのように突然意識に入り込んでくるようになったりしている。

 

そうして、わたしはドイツで何をしたいのかなと考えるようになった。

ただ行きたいだけでなく何かがしたいのだろうと。

 

ハーブには昔から興味があるというか、小さい頃から薬草の匂いが好きで好きで

漢方の臭さもまったく平気な方だったのだけど

大人になって薬草のお酒やハーブティーを嗜むようになり、

さらに若い頃から肉が苦手なこともあり緩いベジタリアン的生活をしてきたのだけど

フランスにいた時にヨーロッパではビオが生活に根付いているのを目の当たりにして、

帰国してからもビオ製品を求めるようになっていた。

スイスに行った時もビオが当たり前のようにあるのに羨ましくなったのだけど

ドイツの方がすごいよ、とスイスの知人が教えてくれたことを、

最近になって思い出した。

 

そうして調べれば調べるほど、ドイツの食生活、つまり肉&ビールという

テンプレのドイツとは全然違う、食材の美味しさを重視するビオ的生活や

自然への愛し方接し方、

なにより、補完代替療法に対する寛容さに惹きつけられてしまった。

 

そうして今日、

わたしはドイツできっとハーブや自然療法を学びたいのではないかな。

と、ふっと思った。

そして、そんな自分の姿がビックリするくらい明確に脳裏に浮かんだ。

 

それは、スライドのように意識に入り込んできた、あの自分の姿そのものだった。

 

とても楽しそうで顔が生き生きしていて今の自分よりずっと若々しくて、

なにより体がとても健康そうで、そして自信と幸せに満ち溢れる自分の姿だ。

若い頃にずっと「わたしは白いシャツが似合う素敵な大人の女性になりたい」

と思っていたけれど、そんな理想の自分そのものだった。

 

その自分は緑のたくさんある場所の、庭のある家に住んでいる。

明るい窓辺から緑生い茂る庭が見え、家にはたくさんの本がある。

犬がいて、心地よいソファがある。

わたしはそのソファにブランケットをかぶって丸まって安らぐ。

昼下がりに少しだけウトウトして、夕方に帰る伴侶を待っている。

そんな情景が見えた。

ブランケットの肌触り、飼い犬のモフモフした手触り、ソファの沈み込み方。

窓から入る光、そういうものがすべて一瞬のうちに体感できて

その感覚はまるで体を矢のように貫いていった。

そんな不思議な体験でもあった。

 

ただの妄想で願望だろうか?そう卑屈になるのはやめた。

幸せの体感を伴って感じたものは絶対的に現実になると今は信じられる。

わたしはドイツで暮らすことになるだろう。

そう、自分に予言しておきたい。

 

あれだけの親からの毒にも穢されず、

痩せ細ってもちゃんとあなたの芯は生き残っていたよ。

それがどれだけすごいことか、あなたの生命力と芯の強さを

まずあなたが信じて、よく生き残ってたと、褒めて誇りに思ってあげようね。

 

と、セラピーの先生は最初に言ってくれた。

 

壮大な夢も今できる少しのアクションから始まる。

まずは、できないかもしれないという思い込みを捨てて、この家を出る。

 

わたしの中に消えずに小さい頃からちゃんとひかりはあって、

そのひかりこそが自分を照らしてくれる。

人の評価でもなく常識でもなく、本当の本来の自分というひかりだけが

自分の未来への道を標してくれるのだ。

生まれた場所と、行きたい場所

久々に更新してみる。

 

いろいろあり、それどころではなくなり、ブログなんて書く元気もなかった。

…のだけども、

 

どうしてもここまでに起こってきたことと

親との関係、自分の経験せざるを得なかった諸々、

そういうことを考えていたらどうにも前世というものは

切り離せないような確信が、改めて湧き上がってきて。

 

 

そのひとつ、山について。

 

わたしはかなり小さい頃からTVで見る海外の景色、

特にヨーロッパの空の色がとても好きだったのだけど、

明確に「ここが好きだ」と行ったこともないのに思った初めての場所が、

スイスだった。

 

山。

 

今思えばそれはまごうことなきマッターホルンの風景で、

その明確かつ爽快なほどにストンと落ちてきた

「ここに行きたい。住みたい」という気持ちは印象的すぎて

今でもはっきりと思い出すことができる。

 

自分が小さい頃、有名なアニメ「アルプスのハイジ」を見ていたので

そういう刷り込みがあったのかなと思ったこともあったのだけど、

それにしては山に関して、わたしは「当然すぎる執着心」がありすぎるように思えた。

 

地元にはそこそこ有名な山があり、わたしは小さい頃からよくそこに上った。

天頂に城があり、天守閣から見下ろす緑深い土地と青い川が大好きだった。

高校生になっても、大人になっても、

県外の人が遊びに来ればよく連れて行ったものだった。

 

 

山の緑と木々の中で呼吸をすること。

それが何よりも自分が生きていることを実感するのだと、

かなり若い頃に感覚で分かってしまっていた気がする。

 

 

だいぶ前になるけど、以前のエントリーで過去生回帰を体験したことを書いた。

 

実はその時に自分の見た場所、つまり、暮らしていた場所が

マッターホルンの麓だった。

そして、その当時の最愛の人が亡くなったのはマッターホルンを擁する

アルプス山脈の山の中であったようだった。

 

山は自分を育んでくれた場所で、愛しい人と暮らし続けた場所で、

そしてその人を奪っていった場所でもあったわけだ。

 

喪失も体験した場所でもあるのに、わたしは山が好きだ。

もちろん畏敬の念は非常にあり、例えばふと山が怖いと思うこともある。

それでも、海の怖さより山の怖さの方が安らぎをさえ感じるのだ。

(海の怖さはおそらく、別の過去生での記憶なのだと確信している)

 

ちなみに、馴染みある感覚を持つ場所はマッターホルンのあたりだけではない。

ユングフラウやヴァッツマンの景色にも見覚えがあった。

 

どうやらアルプス山脈全般が自分の過去生において、

何かしら深い縁のあった場所のようである。

 

 

まあ山好きだと言っても、だから登山したいとかそういうものでもない。

ただ、父親が昔登山部で、山好きであったというのは引っかかるところではある。

親との確執が深いので父には生理的に嫌悪感すら感じているが、

あの頑迷なところ、

それゆえに自分とぶつかり続けてここまできていることを考えると、

残念ながら山で暮らしていた自分の近しい人であったのかもしれない

…と、思わざるを得ない。

 

正直心底認めたくないけれども。

 

だから父とこじれにこじれたままいずれ死別すれば、

おそらくは過去生と同じことの繰り返しなのだろう。

だけれども、この何十年父を許そうと努力しても無理だったことは事実で、

それはこの先父がまず死ぬまでにどうすべきか、

もう少し考えなければならないとは思っている。

 

 

まあ、それはさておき。

 

その。

山である。

わたしは日本アルプスに属する山を持つ県に生まれ、今も住んでいる。

内陸に慣れきっているので、大学時代海のある土地に住んだ時は

あまりの空気や土地の感覚の違いが新鮮でびっくりした。

それはそれで楽しかったけれど、

やっぱり心が落ち着き、求めるのは山なのだ。

奈良の山にも郷愁を覚える。

北海道の洞爺湖に行った時には、あの中島の向こうに羊蹄山を望む景色が

遠い記憶の中の山と似ていることに気づき

なんとも言えない気持ちになった。

 

日本アルプス山脈。

 

その名前にふと思い至った時、

あ、だからわたしはここに生まれてしまったのか

と思ったのだ。

 

その昔アルプスの山々を視界に緑の木々と青く美しき川を愛していた自分は、

今も日本アルプスの山々を視界に(実際にはそう見える位置関係ではないけれども)、

有名な青き清流の近くで生まれて生きているのだ。

 

その一致に、感動すらなく腑に落ちてしまったのだった。

 

 

 

そんなことを考え出したのは、

最近やたらドイツに行きたい気持ちが再燃し始めて

(ちなみにスイスと同時期に明確に行きたいと思ったのがドイツだった)

どうにもその衝動が収まらないので、気持ちを整理しようとした結果だ。

 

面白いことに、アストロ占星術(トラベルホロスコープともいうのだったか)を

見てもらった際、わたしのアストロマップのアルプス山脈周辺(主にドイツ)には

「家庭、家族や親子関係などに関する事柄」を示す土星のラインが入っている。

他の惑星でもハードアスペクトも多いので

最初は行かざるべき場所かと思っていたのだが、よくよく調べてみると

同じくらい家庭や終の住処としての幸福を得られる場所でもあるとわかった。

 

 

行ったこともないのに、ああ、やっぱり帰りたいなあ、と、思う。

 

過去に住んでいたからかもしれないし、

未来に希望を持てると確信してしまう何かがあるのかもしれないし、

理由はわからない。

 

それでも、アルプスの山々の画像を見たり思い出したりしながら目を閉じると、

ふっと自然にあの場所に飛んでいくことができる。

 

 

過去生で知ってた場所には、魂は迷うことなくワープできるらしい。

 

 

今まだ問題は山積しているけれども、

 

 

やっぱり、山に帰ろう。

 

 

と 誕生日も数日過ぎて、改めて決心したのだった。

 

 

 

あれ!?

あまりネガティヴな話題を書き連ねるのは自分がしんどくなるので避けるけど、

毒親(機能不全家庭・精神的虐待の加害者)である親との関係が原因で

これまでの何十年もを苦悩と苦痛と病に冒されて生きて来て、

傷つけられるたび、怒りで気が狂いそうになるたび、

それでもこれは自分が乗り越えねばならない課題だ

と思い、真正面から取り組んできた。

 

同じ場所に住まざるを得ない現状で、どうしたって加害者である親との関わりは

日々自分の精神衛生に深く関わるもので、コントロールはいまだに難しい。

ただ、少し前に自分の人生のテーマ「慈しむ」がふっと降りてきて理解した時、

「こんな未熟な親も慈しむことができたらわたしはきっと

 現世の課題をひとつクリアできたことになるのではないか」

と思えたので、そこから改めて、努めて穏やかに接することを心がけてきた。

 

けれども、例えば自分のホルモンバランスがダメな時や

努めて穏やかに接しようとするわたしをマウンティングしてくる親に

もう我慢ならなくなることも多々ある。

 

昨今は認知症が始まりつつあり、公的書類の郵便物を隠したり勝手に開封したり

別の家屋であるわたしの居室に勝手に入り

相談もなく業者を入れたりするようになってプライバシーの侵害がひどく

今日もあまりにひどい事態が起こったため、

 

もう無理だ。本当に無理だ。

ここまで四半世紀以上頑張ってきたけど、アレを許すとか、本当に無理。

ごめんなさい。これが課題だったとしても、もう無理です。

 

泣きながら、そう、何度もマスター様やハイヤーセルフに語りかけていた。

 

すると、

2時間ほどぼーっとネットをしていて、ふと「……あれ?」と気付いた。

 

わたしは今世、親を許すことを学ぶのが課題かと思ってたけど。

もしかして、

どうにもならないどうしようもない相手とは

どんなしがらみや情があろうと断ち切るべきものは断ち切る

…ってことを学ぶのが実は本当の課題…??

 

と、唐突に思った。

まったく逆だったってことだろうか。

 

にわかに信じがたいがしかし、

そうだとすると今まで何人もで繰り返し同じ体験してきたこと、

意味が通じる気がするのだ。

 

程度や発露は違えど、これまでに苦しめられてきた何人もの

「どうしようもなくわたしを傷つけマウンティングするくせに

 わたしに精神的にパラサイトし束縛する」

という人たちとの関係で経験した同じようなことは

もしかして、形を変えてこの本当の課題を示唆していたのだろうか。

 

毒親と縁を切りたくて、籍を抜く方法や改名などの情報を探したこともあった。

だが姉たちや甥姪とは関係を絶ちたいわけではなく、

様々なことを鑑みて結局実行できずにきたのだが。

 

もしかしたら、そうやって今までも「だけど家族のような相手だから」などと

情をかけ、されたことを許すことだけが自分に課せられたことだと

思ってたのはとんだ勘違だったのかもしれない。

 

しがらみと情でがんじがらめになり、許されざることも己が魂ごと向上すれば

乗り越えられることだと我慢し続けることの間違いを

教えていただいていたのだろうか……。

 

しかしそうであれば、なんと心が軽くなることだろう。

さきほどその考えに至った時、心に羽が生えたようにふわりとしたのは

気のせいじゃない、おそらく。

 

わたしは散々、「もっと人生を楽しまねばならないよ」と言われてきたにもかかわらず

「楽しむことは罪である」という家庭での刷り込みによる罪悪感で

とかく苦行のような方向に行きがち。

でも、今世は「もっと魂を解放して楽しむことを学ぶべき」というのは

いろいろな方に言われることで、わたし自身もそれを痛感しつつ生きてきた。

 

もしかすると、すごく、重要な気づきだったのかもしれない……

それがわかるのはだいぶ先かもしれないが。

 

時には視点を変えて物事考えて見るべきだなあ。

過去は未来を拓く鍵

前回の記事で、

スピリチュアルに関するメンターに出会ってから

何かが急激に開かれるようになってきた。

というのを書いたが、

 

具体的にいうと

その方はヒーラーでもあって、

わたしが魂的な人生の課題を見失っているっぽいと相談したところ

過去生回帰ヒプノセラピーをしてくださったことが発端だった。

 

わりと小さい頃から霊的な体験や不思議なことに慣れ親しんではいたし

中学の頃には過去生に対する興味が抑えられず

自分で辿ってみるメソッドなどを試してみたこともある。

その時のビジョンも正確だったといえば正確だったが、

当時の自分がまだそういうことをきちんと整理できる器でなかったため

誰がどれで、何がどうして今の人生なのかはまったくわからなかった。

 

でも今回はれっきとしたプロの方の導き。

それはもうものすごい体験だった。

今の人生の課題につながる、最も重要な場所と時代へ飛んでといわれ、

飛んだ途端に号泣嗚咽、はっきりと何が心残りだったのかが見えてしまった。

 

図らずも不慮の事故で愛する人を失ったこと、

その前に自分の頑なさでその人を悲しませたままだったことなど。

当時の自分を癒し、戻ってきた時には憑き物が落ちたような気がした。

 

そこからだ。

ものすごい勢いで、自分の魂が課題として

なぜこの人生を選んできたのかがはっきりしてきた。

今世、人間関係でいつも最終的に行き着いてしまう悩みも、

親との確執の原因も、すべてはそこにあったのだということが

 

今まで悩んでいたのがバカみたいだというくらいにあっさり理解できた。

 

もちろんその時それを認めたくないという葛藤も起こって、

少しの間悶え苦しんだのは言うまでもないのだけども。

誰だって、それまでの己のアイデンティティを揺るがしかねない根幹の崩壊は怖い。

 

ただ、それを認め、いろいろな頑なさを捨て始め、

執着していたものを少しずつ解いていくにつれ、宇宙からの"お知らせ"が増えた。

 

頑なさは 真理を遠ざける…のだな。

 

"お知らせ"は、夢での啓示のようなものも何度か続いているけども

日常的にはいわゆるエンジェルナンバー。

やたら同じ数字、しかもゾロ目や繰り返し、ミラー数字などばかり見る。

 

かなり昔もやたら333と444ばかり見る時期があり

その頃に初めてエンジェルナンバーというものを知ったのだけど、

まあ今回これに気づくまではすっかり忘却の彼方だった。

 

で、あまりに頻繁なのでその都度ネットでググりまくったら

どうやらツインソウルとの出会いが近い、

もしくは出会った(認識した?)状態らしい。

 

ソウルメイトだと思う人とは何人も出会ってきたし

偽ツインだったな…と思う人との邂逅も経た。

痛みを伴う別れがなぜだったのか、それも今になって理解し始めている。

そんな中でのツインとの出会い、というお知らせに

おお、と素直に思ったものの。

 

ツインとそんな簡単に出会えるもんだろうか

いや、確かに色々荒波越えてきたけども…

という気持ちもやはりあった。

 

ただ、ここのところ、自分が心中で問いかけると

そのアンサーのように速攻でそれに関する数字を立て続けに見る

などということが頻繁で、それなら。

 

朝から短時間で2525を2回も見た今日。

ぼーっと運転しながら

「もし、今日もう一回2525見たらあの人がツインだと信じよう」

と、前からもしや…と思ってる人のことを思い浮かべた。

 

すると。

間髪入れず、対向車線を走って行った車のナンバーが2525、だったのだ。

 

これは。

信じても、いいやつだな???

 

 

まあ、今のところ確認しようがないのだけど、

いつもその人の幸せを願っているし

その人のおかげで今支えてくださる方たちの出会いもあったわけなので、

 

素直に信じて、いろいろなことを学び続けながら時を待とうと思う。

 

未来が楽しみになってきた。

明日も世界が美しくありますように。

 

全にして個、個にして全

…というのはナウシカで読んだのだったか。

ナウシカの驚くべきスピリチュアルレベルにはこの歳になってから初めて驚愕した。

というか、映画は何度も見たことがあったもののちゃんと読んだことがなく、

最近になって読む機会を得た。

 

ただこの言葉ってもっと昔から知ってる気がしてて、

もしかしたら仏教神道や、様々な精神世界のことを学んでいくうちに

似たような言葉が頭にインプットされていたからかもしれないけども。

 

 

数年前、ものすごい苦境にいて、絶望に押しつぶされそうになっていた頃。

なぜ人は祈るのか。なんのために。

信じるとはなんなのか。神とはなんなのか。

そんなことをずっと真剣に悩んでいたことがあった。

 

そうして悶々と苦しんでいた時に降りてきたのが、

 

神仏は己の中に在る。

人が心から微笑む時、神仏もまた喜んでいる。

わたしたちが自分を信じる時、それは神仏を信じているのである。

神とは、仏とは、己であり、宇宙であり、

すべてを内包したひとつである。

神仏は誰の中にもある。

誰かの微笑みは神仏の慈愛のあらわれなのだ。

 

そんな言葉だった。

 

当時はそれが真理だと思っても、腑に落とすことが完璧にはできなかった。

己の中にある神仏とは良心のことであろうと思ったし、

誰かの微笑みが仏の慈愛であるならば

人に喜ばれることが己を満たし幸せを感じるのもまた当然だと思った。

それでもその頃はまだ自己価値が低すぎて自分を犠牲にすること、

自分を人より下に置く癖が治らず、心は荒れすさみ、

自分の中の神仏たるものを喜ばせることができなかった。

 

 

そんなことがあり数年。

その後の日々は同じ過ちを繰り返したり、

そこから見えてきた様々なことにおおいなる気づきで涙したり

淀んでいた思考に風穴を開けてくれる出会いがあったりと

自分的にはものすごい人生のうねりだった。

 

そうして、スピリチュアル的なことに関してメンターと思える人と出会い

様々なきっかけをいただいて、この数ヶ月、

特に今月上旬の誕生日周辺から恐ろしい勢いで何かが開かれている。

 

迷走していたこの1年半ほどは、真理につながりそうでいて

真逆の方向に走るような、そんな感じで過ごしていた気がする。

それでも、ある時に「分かるまで教えてください」と願った通り

何度も何度も繰り返しシグナルがあり、

それが本当に宇宙(=神)からのお知らせだと気付いてから

物事がすごいスピードで本来の自分になるために動き始めた。

 

 

朝風呂で湯に浸かり、ぼーっとしている時にしょっちゅう瞑想状態になり

インスピレーションが降りてくるのだけど、

今朝のそれも気持ちの良いもので、

 

今、わたしのまわりには何もなく、わたしだけが空間にいる。

 

そんな状態になった。

それはつまり、

 

今この時、わたしには過去への妄執も、未来への憂いや不安もなく。

勝者だと宣う者からのマウンティングに傷つくこともなく、

敗者だと自嘲し己を捨て鉢にすることもない。

上下左右、何もない。

 

…という、今までに苦しんできたものすべてから解放された感覚だった。

 

その瞬間に口をついて出てきたのが、

 

全にして個、個にして全

 

という言葉だったのだ。

 

ナウシカでの意味とわたしの感じた意味とはちょっとイメージが違うかもしれない。

ただ、この世のすべての存在は役割があり、

そのすべてが在るからこの世は成り立っていることには違いなく。

 

己の中の神仏、すなわち宇宙とつながる…いや、

それらと完全なる意味で一体感を感じるとはこういうことなのだと、

 とても自然に腑に落ちた。

 

 

何年越しかの、納得である。

 

 

 

今日もいい日だ。

すべての人が健康で楽しく幸せでありますように。